【映画】15時17分、パリ行き 感想

ダンケルクほどの追体験映画というわけではない。

予告では例の列車内のシーンが映されているが、実際は最後の最後に数分やるのみ。

ではどういう作品かというと、この事件における主人公3人がどういう人物でどういう人生を歩んできたかというだけの作品。

観た後に「思ってたんと違う!」ってなる可能性はある。

この映画で良かったなって思うのは街や風景の綺麗さ離れても時が経っても続く友情が観れる点かなぁ。

そんなわけで点数としては50/100点という感じですかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする