【プロ野球】4月第2週感想

■火曜日

どすこいだから負けたくない。

ただそれだけ。

勝ったから良かったけど基本的に貧打は否めない。

上原だから打ったようなもんで自分は上原を評価していない(全盛期からの劣化、近年の右腕の活躍できる特徴を考慮)ので打って当たり前にしか思ってない。

■水曜日

平田はよくも悪くも平田だった。

それでも急な先発で5回無失点ならはなまる。

問題はパットン。

前回登板もひどく、この日も0点ならマシレベルの内容。

一番ダメなのは構えたところに微塵もいかないこと。

後この試合で2死満塁で阿部にスライダー3つ要求した戸柱は頭イカれてると思う、いつまで阿部にビビってんの?

木曜日

初回から大竹を叩けたことが大きかった。

東の内容はひどく悪かった、特にストレートの制球が。

尻上がりにマシになっていたが結局最後まであんまり・・・。

ちょこちょここういう制球が悪くなる場面があるのは少し気になる。

井納が信用できない理由の内容。

金曜日

多分この3試合で一番内容自体は良かったと思う石田。

結果3ラン含む5失点ではあったけど制球は一番良かったように思う。

まぁハマスタで一発病だしHRはある程度諦めてる、だからこそ無駄なランナーが気に食わない。

後は人の家で食事してたので細かく見れていない。

土曜日

まさかの初の完封勝利は一番期待していなかったバリオス。

相手先発のジーも相まって凄い淡白?投手戦?な試合だった。

ジーは基本低めに集めて球を動かしてるけどスッと甘いHRボール投げてしまうのを感じた。

あまりのあっさり具合に昼寝しながらラジオにして聞いてた。

日曜日

キレイに先制、中押し、ダメ押しという強豪チームのような点のとり方。

投げては高卒2年目京山が期待に答えて3戦3勝。

アルモンテなんかすごい打つな。

17年ぶりといわれても思い出せないくらいの8連勝。

10連勝は覚えてるんだけどなー。

まとめ

結局負け無しの6勝。

先発がイニング食えてないから中継ぎが過密なところはあるが、

もう少しイニング食える投手の帰還と来週は試合が少ないからね。

あんまり気にならない。

そもそも今こそ(先発3人いない)中継ぎに頼るべきタイミングだから

出遅れたメンバーにがんばってもらいたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする