【映画】(85点)ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 感想

今年見た映画ってどれも面白いものが多い気がする。
圧倒的ハズレみたいなものは少ないかなと。

実在するボードゲームを題材にした映画。

登場人物がそれぞれ選んだキャラクターに扮してゲームの中に入り込んでしまい、呪われた世界を救わないと出れないというお話。

物語はゲームらしい展開に沿って進むわけだがそれが飽きない。

所々でユーモアに溢れた内容でそれがまたいい。

実は観る前は期待してなかった。

また変な映画見るんだろうかという気持ちで行っただけに予想外に良かった。

まーよくある時間軸周りでいちゃもんつけちゃえばそれまでだけどそこはスルーなんだろう。

点数は85点くらいで。

出来れば音が良い映画館で聞いてもらいたい(LIVEZOUNDとかね)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする