【野球】5月第4週 感想

下位2チームとのカード。

取りこぼししてたら優勝争いはまずできない。

できてAクラス争いだろう。

■火曜日 中日8-0横浜

何も書きたくない。

飯塚は0勝なのも頷ける内容。

勝てる投手ってのはこんな試合をしない。

試合ぶち壊した張本人。

打っては40歳のロートルに完封される。

しかも相手は中4日で。

いつまでたっても同じ投手を打てない、何年研究してないのか。

野球が下手とはまさにこのこと。

全員打ち上げこねくり回して内野ゴロ。

なんで打てないのかわからない。

そんなにハマスタで打てないならハマスタ壊してしまえ。

■中日2-3横浜

よく勝ったなという試合。

ロペスと筒香の2発、3発で3点取ったけどそれ以外は散発。

昔から吉見は打てない、年齢劣化しても打てない。

結局スライダーP苦手なんだよねこのチーム。

立ち上がりの吉見って1.5流で制球と修正能力で2周り目から合わせてくる投手。

だけど近年1・2番が弱点でいくら中軸が打てても・・・な上に出塁率は過去10年でNPB最低クラスなので四球も狙えない。

立ち上がり叩けないチームはこの手のタイプ一生打てない。

そんな感じで吉見に10年やられてるわ。

東は前回良かったけど今回はスライドの影響もあるのか全然ダメだった。

それでもこらえるだけの力はあるんだなという感じ。

■横浜14-5ヤクルト

こらえる力がまったくないんだなという感じ。

自分が好きだったのはしっかり構えたところに投げきれる投手だったから。

今は抜けて外角高めに抜けすぎていて好きなそれではなくなった。

確かに飛翔タイプの投手だけどここまでひどくなかった。

肘やってから知らない投手が来てるわ。

しかし打つ時は打つけど安定感まったくないね。

どっちかというとたまにこんな試合する感じ。

それでも5番までみんな打てるようになってきたから確率は上がったけど。

最終的に9点差だけど5回まで点取られすぎて投手使いすぎて

そういうところが噛み合ってないんだよなぁ。

先発が耐えてくれないと投手人数増やさないとダメだわ。

■横浜1-5ヤクルト

同じ投手が打てない週、3人目のヨシノリ。

全盛期とは程遠い投手(3回目)。

中日戦からなんというか、スライダー系の投手苦手だよねとしか言えない。

外の出し入れ、高さ、そういうところのストライクボールの見極め。

出来ないよね。

ココ最近じゃなくて10年は出来てない。

だからなんかツボにハマらないと全く点がとれず、勝つ時は大量点。

所謂弱いチームってやつ。

カットだったり2シーム投手が増えて球を動かすタイプが主流の現代だから良かったのかね。

だって、結局打てない投手ってベテラン(寄り)ばっかじゃん、そしてスライダーP。

濵口が6回は投げてくれないと困るわ。

■日曜日 横浜3-5ヤクルト

平良は本当良くなったと思う。

この試合、結果4(3)失点なわけだけど、いい感じにスタイル確立は出来てきた。

ただ、このスタイルを貫くのであれば四球を減らせなければ生きていけない

150投げられます、鋭い変化あります、じゃないんだから当然そうなる。

失点したイニングは四球絡み(というか5四球だし)だから当然といえる。

ちなみに前回は1四球で1失点。

でもだからこそ捕手との相性でインコース使ってくれる捕手(嶺井)じゃないと投手として殺されるよね。

外に散らして打ち取るんだからこそインコース使わないとどんどん踏み込まれるわけで。

変な話、相手がぶつけてこっちが壊れることはない思ったら怖くないし。

打線はいうことないです、いつもどおり貧打。

いかにロペスにおんぶにだっこかわかる。

上位がブンブン振り回してHRを打てないと点が取れる気がしない。

結局四球選べないチームだからそうなるんだよね。

細かく点はとれないからこういう試合はすぐ落とす。

■まとめ

優勝はもう無理ですね、あきらめましょう。

そう思わされた。

最下位相手にまた負け越ししてるんじゃ出来てせいぜいAクラス争い。

中4日のベテランに完封されるんじゃBクラス。

まともに勝てたのはパチンコの確変状態みたいな試合展開のみ。

こんな全部が全部酷い状態で交流戦入って果たしてどうなるんだろうか。

他球団も調子良いとは思えないからこそ、ここまで5割で前半のセリーグを終えたんだろうけど。

そうはいうて、今年もろくに差もつかないなんか微妙な交流戦で終わりそうな状況である。

パも微妙だし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする