【野球】5月末から6月へ、交流戦 感想

観戦と雨天中止があった

■木曜日 楽天3-4横浜

今月絶好調の岸。

またしても東は厳しい相手に当たったなという感じ。

それは仕方ないとして、先生のペゲーロのHRはまぁしょうがないというか完璧に打たれた。

ただ、そのあとの2失点は納得してない。

逆転してもらったあとの7回、これは東というか高城が悪いというか。

結局いつまでたっても直せない盗塁の際のスローイング。

ペゲーロだから走らないと思ったのか、完全に1人にやられていた。

そして好調で3番抜擢された田中に1発。

これは完全に不用意なストライクを取りに行ってドカン。

これは東に甘さがあった。

岸は好調そのまま、宮崎が逆転2ラン打ったもののストレートにクルクル打線。

もうだめだと思った9回2死、筒香の起死回生同点HR

ついに本物の筒香が戻ってきたんだろうか。

その後10回、2アウトから桑原2ベース、

山下がプロ初サヨナラ2ベース

昨年から散々な結果で首も涼しくなってきたところでの大仕事は当然本人泣くよなという。

頼むからもっと打ってくれ。

個人的に初回のランナー3塁のときに柴田が止めてくれたのがすごい助かったと思っている。

展開的に今年最高の試合だったのではないだろうか。

■金曜日 横浜2-6ソフバン

佐野がやっと打ったよ。

30本40本打つほどの期待ないにしても1軍以外は完璧な数字なんだから頼むよ本当。

今永の試合は見なくていい。

2軍の成績すらまともじゃないならいつまでもバッピだよ。

■土曜日 横浜4-5ソフバン

濵口は濵口って前回言ったけど実に濵口だった(3回)。

三嶋は本当に苦しい場面でもよくやったと思う。

今一番調子いいのは間違いなく三嶋でストレートの伸びがすごいわ。

結果はエスコバーが逆球を上林に打たれて終わり。

上林に打たれすぎだわ、どんだけ調子悪かったと思ってんだよ。

■日曜日 横浜ソフバン

石田は石田だった。

イマイチ調子のあがってない上林や松田にタコ殴りにされる始末。

いや、上林3連発だけど横浜戦以外からっきしと言っていいレベルだったのに。

まぁつまりどれだけ石田(今永も)が酷いかということ。

じゃあ井納がいいかと言われると井納にするくらいなら石田にローテ守らせていい。

井納のせんぱつはこれっきしも信用してないしなんなら2軍4回5失点。

今永とともに2軍でローテしててくれ。

■まとめ

各先発がそれぞれらしさ出したといえばそれまで。

前評判通りというか、期待値通りというか。

今の調子・能力がそのまま出た週間だと思う。

じゃあそうなると打線はどうかというと、調子の良かった梶谷が少し落ちてる。

そして問題のソト、釣り球とか外気味の変化球にバットが止まっていた序盤。

今はそれを気にするあまり甘いボールすら打てなくなっている悪循環。

もっともっと打てるゾーンを絞ってここに来たら絶対仕留めるくらいまで決めたほうがいいと思うんだよなぁ。

バットがどこまでも届くから全部に手を出してどツボにハマった感じ。

ロペスが怪我という状況でスタメン外せないと思ったけど一旦外したことがプラスに働けばいいけど。

とりあえずローテは飯塚に平良京山熊原ら入れて今永石田が2軍でいいと思う。

少なくとも試合始まる前からダメだわって思ってる面々を投げさせる意味はない。

ダメな奴がそのままダメってだけで変なストレスもなく見れた週間だったと思う。

いや、ナニとは言わないけどまぁそういうことね書いてないけど。

ずーっとストレスあったからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする