【野球】結局今年のドラフトもこうなるんだよ

3球団以上競合1位は34年当たってない。

自分が生まれてから1度も勝ちを見ていない。

自由枠だったり制度的なところで空白の期間はあるにしろ、これだけ競合で勝てない(2球団は割と勝率ある)。

各社の予想は根尾・松本・上茶谷。

自分の予想は小園。

去年は東しか眼中になし。

結局DeNAのドラフトは絶対に口外しないから球団視点で何が足りないか考えて予想しないと絶対に当てられないんだよね。

だから新聞記事での予想は一切当てにならない。

競合=根尾だ! これまで即戦力中心=上茶谷だ!は安易な考えだという話。

予想通り根尾4・小園4・藤原3で西武は色々ブラフかけてて流石にわからなかった。

楽天も小園行くと予想しての世間と違って小園>根尾の指名数予想だったが結果は同じ。

まあそこはどっちが優れてるとかじゃなくてただの指名数だけど。

最後の高田の大仕事。

まあそういうことですよ。

今年は傾向としてほしい選手が足りてない、各球団が一部集中という感じで野手が一瞬でなくなった。

タイムセールの如く消えた野手陣に二遊間中心の野手補強が求められていたDeNAにとってはダメージが大きすぎた。

獲得した各々の選手は変な指名ではない・・・とは思う。

ただやっぱり1位を外したダメージ、思ったよりも野手陣の強化が出来なかったことがこの上なく辛い。

しっかり野手指名さえできれば投手は変な話誰でも良かった。

けれど変な指名をしたわけでもないのに市場に選手がいなくて気持ちは悲惨なドラフトだったと思う。

どう悲惨に感じているかと言うと、今年とった戦力で来年はもちろん、3年後ですら影響力を与えると思えない点。

小園当てたからってそれも影響力あるかと言われるとそうだけど・・・。

近年のDeNAの内野の守備力に関して伸ばしたような育成が見えないからこそ、ある程度完成された守備力というのが欲しくて荒い選手が育成できるとは思えていないのがその理由。

ますます大河(松尾)が独り立ちしてくれることにかけるしかなくなってしまった。

てか伊藤もセカンドでの指名なの?

林を2位に行かなかった時点でサード構想なんじゃないだろうか。

やっぱり二遊間は実質居なかったことになる(知野は時間かかる)。

はぁ~~。

1位なのに上茶谷の話題0ってやつね。

少なくとも東のようなそれは感じてないそれだけ。

は~~あ。

誰が悪いとかじゃないんだよ。

わかる?だからこそやるせない。

濱口がチェンジアップ凄いけど荒れ球過ぎて苦しいって思ってたそれとは違うんだ。

他のファンがどう捉えたかわからないけど少なくても後手後手になった哀れなドラフトに感じた。

足りないんだよな選手が一人。

でもその足りない選手は市場にはいない。

いないものは取れない。

取れないけどドラフトで取らないと補強にならない。

1年に1回しかその補強タイミングはないのにないんだもの。

それだけ野手陣に不安抱えてるんだ。

はぁ~~・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする