開幕前日 2019年プロ野球予想

毎年毎年なっが~ながと予想を書いたけど昨年今年とちょっと思うところがあって簡易な感じで。

パ・リーグ

1ソフトバンク

2日本ハム

3西武

4ロッテ

5オリックス

6楽天

例年まったく当てにならないパ予想。

とりあえず置いとけの1位に投野に抜けた西武には厳しい評価。

日ハムが所謂オープン戦最下位の呪いなわけだが、阪神との試合差がとても多く、12球団でも圧倒的に試合数が少ない(更に引き分けが多い)ため、まったく当てにならない。

決め手に欠けるオリローテ陣に則本の居ない楽天。

並べてみるとロッテが一番先発厚いのでは?なんて思ったりも(ブランドンはない)。

セ・リーグ

1広島

2横浜

3巨人

4ヤクルト

5中日

6阪神

とりあえずおいとけの広島、丸の影響力やいかに。

贔屓だからそこにいる横浜。

選手は集めたが補強をしたとは思っていない巨人。

オープン戦あまりにも投手陣がひどかったヤクルト。

投壊地方の中日。

先発は12球団でも数字が良いように見えるメンツでも野手がの阪神。

10勝投手2枚増えた阪神が台風の目。

贔屓チームのお話

昨年自体ここ10年で毎年120試合前後は見てきたところ、70試合前後まで落ちた。

忙しかった?飽きた?違う。

アレ。

今年も変わらないよ、だってそこにあるだけで不愉快じゃん?

自転車の壊れた補助輪みたいな存在、つまり要らないもの。

今年は勝負の年とは言われるが、そんなのはどうでもいいから見てて不快な試合だけはしないでいただきたい。

それだけ去年は不快だった。

00年代よりも不快と感じるのは相当である。

言ったことと行動や結果をマッチさせてほしい。

注目はやはり楠本になるのだろう。

昨年から2軍では成績を残すも1軍では結果が出ず。

そこからオープン戦首位打者で開幕スタメン。

過去の首位打者はレギュラークラスがとても多く、期待度は高い。

下園が去った次の好きな左打者(フォームとかね)として頑張ってほしい。

投手でいうと、上茶谷・・・ではない今永

一昨年と去年で結局のところ彼の影響がでかすぎた。

左腕組が肩を痛めると極端に制球も悪くなり棒球状態になる傾向がある(この球団)。

石田と揃って期待を裏切り続けてきた彼がどれだけ今シーズン立て直せるか。

てかダメならさっさと2軍落としてほしかったわ。

まだまだ優勝争いするのに層が足りないとは思う。

投手はドラフトで上位取ってるだけにやりくりしやすいが、野手がね・・・。

特に二遊間は未だに自前でどうにかできていない。

クジも外すし引けないことにはいい素材がこないのは確かだが。。。。

センターラインである捕二遊を自前(ドラフト)でレギュラークラスを増やせないとAとBを行ったり来たりと不安定になるんだろうなぁ。

今年は何試合見るんだろうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする