rival650を買ってみた

念願のワイヤレスを買ってみた

SteelSeries Rival 650 Wireless

おもりもいくつかついてきて、4gずつで微調整できる。

とりあえず前まで使ってたのに合わせるべく2,3個付けておいた。

絶対にコードが絡まないというのはすごく安心感がある。

まだ初日なのでじゃあどうか、ってのはそんな無い。

とりあえず思ったことだけ。

使ってから気づいたけど小指薬指ちゃんとカバーしてくれてた

やっぱりSteelSeriesは手の大きい、もしくはかぶせ持ちの人に向いてる?

つまみ・掴みな自分にとって少々窮屈な面もあったのは事実。

マウスの大きさ自体にそこまでの差はない。

使っていけば慣れる場所なのかもしれないのでそこはおいおい。

ただ、クリック部分の凹凸でG402(Logicool)とは真逆なので、相性はあると思われる。

かぶせる人・指が長い人にはマッチするんじゃないかなー(自分の手は平均より少し小さい)。

意外とスリープモードはうざい

ここは時間を長くすればいいだけ、初期設定だとカーソルどこいったってなってしまった。

サイドボタンはやはり不満ある

大手3社で比較した場合、SteelSeriesのサイドボタンは以前から言っているが不満ある。

単純に小さくて押しにくい。

逆に小さいので誤爆する心配がないとも言える。

普段遣いも兼ねていると高頻度でサイドボタン使うのでそこはちょっと・・・・。

マウス2個つないで使い分けがいいかもしれない。

ワイヤレスマウスを買うなら

以上の理由から、(自分にとって)一番クセが強いと思うSteelSeriesのマウスで、これらの不満が気にならなければ買い。

そうでない、クリック部分が丸み合ったほうが良い、サイドボタンが気になるなどがあればLogicoolの・・・

重い(120g) G903

軽い(80g) Pro Wireless

かな、という感想になった。

ただ、Logicoolのマウスが値段上がったきりな上、Proは品切れが続いているので急ぐんであればG903しか選択肢がないかもしれない。

とりあえず、今後重さなどをかえていろいろ試したいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする