【映画】毎年恒例のコナンとクレしん

いつもの春のアニメ映画

名探偵コナン 紺青の拳

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~

見ました。

前からこの日に見ると決めてたのでスッと。

今日から始まったもう一つの

劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~

はチネチッタ(LIVE ZOUND)で見たいので23日に見ます。

名探偵コナン 紺青の拳

舞台が海外(シンガポール)ということで、いつもの探偵団や警察の面々は無しで少しさびしい。

予告でもそうだったけど、メインはやっぱりキッドであり京極。

コナン成分はかなり薄味だったかな。

一番目立ったのは推理要素というよりアクション要素。

キッドが動くし京極の格闘要素でより増した。

そういう意味では今回の映画はよく動いていた方か?

逆に大味になりすぎというか・・・最後のアレとかなんで生きてるんだ?

いや、ゼロ(ちなみに来週金曜ロードショー)だったりいつも大概やんって話はあるけれど・・・。

今回はスケールが違うというか。

なんか・・・うーん?な感じであまり手応えを感じなかった。

最初から怪しい人物が決まっていたところもあってドキッともしなかったしね。

まぁ業火の向日葵を下回るのは当面でないのはわかった。

エンディングの実写風景はとても綺麗でござんした。

いつもの東京の高速移動より好き。

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~

こちらも海外が舞台。

新婚旅行に行かなかった野原一家が改めて行こうとし、ハプニングを引き起こす。

金環日食があるのでそれと一緒に・・・ってなんかダイヤモンドリングみたく取ろうとしてるけどそれって皆既日食じゃなかったっけ?

それでも見えるんだろうか。

なのでかすかべ防衛隊は不参加。

しんちゃんが声優交代での1作目の映画だからか、メインではなくあくまでみさえが主役としての立ち位置である。

ひろし交代では1作目シリリだったので、子供ひろしで声的には違和感少なく済んだしね。

たまたまかもしれないけどね、映画自体の制作時間考えると。

すげえ頑張ってるけどどうやっても喉に骨が引っかかるくらいの違和感は拭えないからね、1年くらいは辛抱。

映画の出来はロボとーちゃんやユメミー以来の当たりと認定。

みさえがとても良く映ってたし野原一家の良さも出てた。

クレしんこそアクション要素強めでバリバリにしんちゃんがかっこいい映画が好まれるかもしれないが・・・。

定期的にある子供ウケというより自分たち世代(それ以降の親世代)に向けた作品だなぁと。

ギャグ要素も当然あるがウルッとする場面のが多かったかもね。

中盤以降のしんちゃんがひろしに約束の話をするシーン好き。

この映画でも昔の曲が使われた。

本日公開の「映画クレしん」ひろしが福山雅治、みさえがMISIAの楽曲を熱唱(コメントあり) – 音楽ナタリー

今期のアニメといい、最近の映画でもなんでも昔の曲がよく使われるね。

昔の曲っていうか自分くらいの年代をターゲットにした懐かしい曲。

インディモチーフとかもそうだよね。

いわゆる親になった世代の青春時代に聞いてた曲なんだけど。

もうそういう歳になってしまったのか・・・・知らん知らん。

エンディングも良かったね。

今回の映画にとても合ってると思った。ちなみに映画ではひろしが花を買った後に出現。

作中のBGMも良かったし今作の音の評価は全般的に高い。

しかし、ひろしで低収入って・・・(家があって子供二人養ってて商社)。

総評

今年はクレしん>コナンって評価になるなー。

近年は逆の評価になることも多くて(2015年は凶作)コナン寄りだったけど。

そもそも紺青の拳でタイトルがあんまり掛かってないように感じるんだけど拳以外で強く掛かってるのってなんだったんだ・・・?

そういう意味でも今年はクレしん。

来年はぶりぶりざえもんと・・・組織絡みなのか?赤井の声が聞こえたけど。

楽しみである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする