白内障手術ってたっけーな

自分の手術じゃないけどね、親のだけど。

最近母親が関東まできて手術していった(一応日帰り)。

両親とも歳なのでかなり進行していて、親父は今年の頭にすでに終わらせていた。

その手術結果で同じところを母親が受けに来た感じ。

親父とはちょっと・・・なことで連絡取ってないから知らなかったけど・・・。

今は白内障の手術(眼球のレンズ交換のようなもの)は家族であれば見学できるらしく、自分も見せてもらった。

ちょうど台風みたいな天候が続いてて危なかったし付き添いの意味もあったしね。

グロい、というわけでもないけれど・・・やっぱり自分の親の目ん玉砕いてるのを見るのはなにかくるものはあった。

こわっ。

黒目の部分が白く濁っててそこにレーザーで格子状に切って、

その周りの穴から吸引器で砕いた水晶体を吸い込む。

コーヒーゼリーのようなものがスルスルと吸い込まれていく。

そして周りの穴から変わりの人工レンズを入れて終わり。

数日の安静は必要だけどすぐに見えるようになるし手術自体も30分くらいで終わるというね。

流石に母親も目にメスを入れるわけだからビビりまくってたけど、将来的に自分もするかもしれないと思うと怖い怖い。

ただでさえ親知らず等で口の中を切除しまくったり、別の所手術したときにも変な罪悪感あったのに、

それが目とか親が生きてるうちはしたくないなぁ。

この手術、片目だけで100万するんだって。

両目だから200万、両親合わせて今年400万

実家に積んであったインゴット1袋全部の料金だわこれ。

普段の自分の健康はナニクソ病院とか馬鹿言ってんじゃねえって感じだけど、

こういう手術だと健康は金で買うしかないんだなぁとしみじみ思った。

いきなりこんな額ボンっと出せるわけでもないし、

かと言って親がもっとこういう治療費かかっていくかもしれないし、

それを介護していかないと駄目な立場になるってのが今の所想像つかない。

呑気にアニメ見てる時間を別のことに使わんといかんくなるかもしれんのだなぁ。

なーんてナイーブだった日も過ぎ、7月。

今年半分終わっちゃった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする