【映画】冴えない彼女の育てかた Fineをみた

あーあ冴えカノ終わっちゃったなあと。

作品自体はだいたい2期の♭あたりで終わったんだけど・・・。

そこから劇場版で〆。

実は最近まで♭途中まで放置してて、劇場版の話が聞こえてきてから「じゃあそのときに改めて最初から見よう」と思ってた。

というわけで10月入ってから見直しました。

物語の大筋は2期の♭でだいぶ固まっていたよね。

だから復習できていれば劇場版の内容はスッと入ると思う。

あああぁぁぁぁあぁぁぁぁあえりりいいいいいいいいいいいいいい。

いや、俺の好きな作品の傾向として出る女の子みんな嫌いじゃなく可愛いってのあるんだけど。

ストブラとかね。

だからみんな好きなんだけどさーーー。

そんなかでもえりりが一番好きだからいやーーー辛いね。

「あ、やっぱりそうなるんだよね」

って感じの展開で・・・まあタイトルというか大筋の流れで結末はわかってるようなもんだったけど。

まさしくギャルゲの選択肢が見えてるんだもの。

「彼なら同じ速さ・目線(高さ)で一緒に歩いてくれる」

みたいなセリフ別の作品かなにかで見た気がするんだけどなんだったかなぁ・・・ってその時思ってた。

そんな感じだよね。

家帰ってから布団にくるまって唸ってたよ。

いわゆるCパート的な部分も遊び心あってよかったと思う。

あんな話好きなんだよね。

中学とか大学とか昔からの知り合いと久しぶりに会って食事する。

でもそれともまたちょっと違う、なにか一緒に戦ってきた仲間ってのがすごくいいなあって。

そして昔と変わらない。

ほっこりする。

そういえばいつもの裏のポスター

当時はあおかなさすおに劇場版だったけど、今回はSAOと全体攻撃がうんたらかんたらと、もう一つなんだったかなぁ・・・。

ちゃんと直近のアニメに変えてて感心した。

クレジットでの提供の多いこと多いこと。

恵のスマホはXperiaなんだね、と思ってたらこんなのまで。

なるほどね。

年末映画ラッシュもアニメも増えてるけど、今週は冴えカノロスでお休みかなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする