【Apex】仕様変更による、バッグ管理を考える

突然の個数変更で混乱しやすい

1つの枠に収まる数が減り、持てる数自体は増えた。

例:弾1枠80→60発 初期バッグなし8枠→10枠

これにより難しくなったアイテム管理

セルが6→4個になったので12個持つには3枠、前回は2枠だった。

バッグが小さいとグレネード類も持つ余裕がまるでない。

多少は慣れたものの、まだまもないので混乱することも多いハズ

なので、どれだけ持つかの目安としてmemoを残す。

戦い方・キャラクターである程度前後はするものの、基本は一緒だろう。

バッグ1

自分が前寄りの戦いするのでPK持ち、なので別の武器なら弾の枠がまた変わってくるだろう。

おおよそこれが基本の形になる。

変更点があるとすれば、グレネード類は「バッグLv × 個数」がいい感じかなーという。

開幕すぐの状態でバッグが1の時想定なのでこの程度あれば問題ないだろう。

フェニックス・バッテリーは余裕があれば(できればバッテリー1枠はキープしたい)なので、その分弾を増やしたりバッテリー無いのであればセルを12個にしたりでいいかと。

バッグ2

2種類、平均的なバッグサイズで前衛・後衛を意識して。

とりあえずメインとなる武器の弾は4枠ほど欲しいかなと、サブは1-2枠が安定。

前衛であればグレネードと一緒に突っ込むことも多いので、個数を1個増やしている(PKなので弾も1枠余る)。

セル12個については、バッテリーが4個あるのであれば1枠削って「バッテリー4 セル8」でもいい。

バッグ3-4

これについてもグレネードが実質の自由枠、とはいえ2個は欲しい。

とはいえ、バッグ3以上のケースが終盤ということも多く、弾も5枠以上いるかと言われると疑問なので終盤想定であれば4、中盤であれば5あってもいい。

他にあるとすれば、金アーマーであればセルの価値が高まるのでバッテリー4個・セル12個持つのはあり。

後は使いたい武器に合わせて弾の数、グレネードを変更していこう(回復はだいたい同じなので)。

予めアイテムを決めておくことのメリット

おまけ。

最初からこれをこれだけ持っておく、というのを決めておけば初動のスピードが速まる

これがかなり大事で、足りてないものもわかりやすく要求しやすい。

このゲームは全てにおいて迅速な対応が求められるのでここでもたつくと一気にもってかれる。

特に開幕で降下ポイントがかぶった時なんかそう。

グレネードが1枠1個になったり地味に枠圧迫しやすいので「どうしようかな~」なんて悩んでるうちに集団で詰められてやられてしまう。

初動で揃えた後は敵を倒して漁るというのがこのゲームのスタンスだと思うので(スクリム等例外はある)、初動で有利をとれれば序盤だけでなく、中盤・終盤でもいい感じに立ち回れる。

漁夫への対応(するのも されるのも)もできるようになるんじゃないかな。

余分な漁りは様々な不利状況を生むのでココらへんの割り切りを身につけるのが大事かと。

でも難しいよね、最終的には数をこなして慣れろ!となるんだが・・・。

敵に当たらない・敵を倒せない、そういった面で敵との差を感じるならば、それ以外の部分で差をつけて対等な立場に持っていきたいところ。

そんな感じに考えております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする