【パワプロ2020】栄冠の縛り連覇終了

【PAWAPEX】 最強監督決定戦2020

│※最初に甲子園優勝するまでのゲーム内年数が短い人が優勝
│ 2020年スタート
│ 都道府県難易度MAX
│ OBリセマラ禁止
│ 魔物禁止
│ オンスト禁止
│ プレイ外で取得したアイテム禁止
│ 他ずるいこと禁止

というルールでプレイ。

立ち上がり

やはり序盤が安定するかどうかというのがキモだろうと思いスタート。

久しぶりの栄冠ということもあり、仕様に苦戦しながら能力バランスを手探りで探る。

結局旧作とそんな変わらない感じではあった。

序盤はミートC・パワーAに走力Aという感じだったが、あまりにもヒットが打てないのでミートAを基準にすることに。

作戦等も増えたのでどれが良いかなっては思ってたけど昔ほど「積極・強振」が強いとは思えず、そもそも強振がそんな強くないかなと。

勝てない決勝

勝てない、勝てない。

夏が勝てない、決勝で勝てない。

どうしてか、3年連続夏の予選決勝で負け続ける。

3回もやっていればBとかCとかくるだろうに、Aの最大六角形がくる始末。

ひたすら白い土を舐めながらときが来るのを待つ。。。。

そうして10年が過ぎた。

やっと勝てた春の甲子園

10年目の春についに勝利。

延々と繰り返されるオート失点にブチギレながらなんとか乱打戦を制する。

後にも先にも湯澤だけがキャッチャーBだった。

そういう意味では特殊に恵まれなかったのも停滞が長かった原因なのかもしれない。

暗黒到来

はじまってしまった。

男マネ登場

この後悲惨なことが続く。

春優勝、夏ベスト8高が一瞬にして低迷。

男マネが来てからの出来事である。

これまで勝率7割前後だったのにどうして・・・・。

打てない守れない何も出来ない連覇できる能力だろうと思って慢心していたのだろうか・・・・。

いや、全部男のせいだわ。

その後2年間予選決勝も拝めないまま進んでいく・・・。

男マネ引退、復活

そうしてキングボンビーは去っていった。

練習試合もこないため、信頼度も稼げず、ほぼ夏は2回戦負けで能力も低い。

せっかく厄を払ったのにこれではいつまで暗黒なんだろうと思われた。

そんな中での秋・地区大会、1回戦からAと当たり、やはり・・・となる。

ところが、投手は抑え、貧弱打線も確実に点を取り勝利し、2回戦もなんなく勝利。

春のセンバツ出場を決めたのである。

そこからはエース内堀が決勝以外オール0封の神ピッチ。

最後はなぜ、乱打戦だったのか・・・それでもヤツが消えてから即優勝してしまったのだ。

勝負をかけた夏連覇へ

もうここしかない!

春夏連覇はここしかないんだ!と腹を括り、特殊系アイテムなどふんだんに使用。

迎えた新入生、ここでも爆発。

クリップ

ガッツと新井さんじゃない方(コーチの方)が加入。

ますますこの年しか連覇はないと気合がはいる。

お褒めも全部使い、予選はなんなく勝利し。いざ甲子園へ。

対戦相手 CABAAA(MAX)

という鬼日程、マジでゲームがトドメさしに来ていた。

普通もっと楽じゃない?うちの栄冠おかしいんじゃないか?ってずっとつぶやきながら。

大エースにすべてを託しながら選んだ戦法は「スクイズ連打」

みんなミート・パワー・走力Aながらなぜか繋がらない。

もうエースが全部抑えるのを信用して1点ずつ確実に取ることに。

自操作中無死2塁であれば確実にスクイズすることに。

なおかつ、マモノを使わなくても一定値以下の捕球でエラー連発するしひたすら願いながら転がしまくった。

1年からスタメンのガッツは既に17打点の大暴れ、

準決勝ではサヨナラHR、決勝は同点に追いつかれた後の決勝タイムリー。

神は存在した・・・・。

縛りを終えるかどうか

これで規定の優勝、ついでの夏と連覇項目が終わった。

今後栄冠どうしていこうかな、通常プレイに戻るか、ガッツ世代まで縛るか。

やってる感じ狙ってマモノ使えたら結構ぬるくはなりそう。

でも全国優勝したいなら縛ってるの無駄なんだよね。

当面違うモード触って遊びたいから考えておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする