【Apex】S8 ソロランクのスタッツ(ダイヤまで)

最初に言えることは「KDやダメージはランク上げに必要な要素ではない」、ということだけ。

キルポイントが存在するので倒したほうが「上げやすい」のは事実。

しかし、もっと大事なのは「ポイントを減らさないこと」になるのでそういう結論になる。

というわけで別にランク上げをどうこうな話ではなく、単純に今の環境でソロでやった場合どんなもんか程度のお話。

マスター狙っててランクできそうな知り合いも一人もいないし、目標もなくなってしまい、暇つぶしに仕様の変わったランクでソロダイヤの敵の強さ等も知りたかった。

もちろん、ソロでマスター狙いもできるけどイライラに耐えられないし、そもそもこのゲームでやりたいことではないので。

あとはカジュアルは人減りが異常過ぎて練習にならんからこっちの方がマシという理由。

S7→S8の環境変化

「全体的にランクが向上した」。

一番は「1試合のポイント上限が上がった」こと、ダイヤ帯付近であれば「より適性に近い試合がマッチしやすくなったこと」が上げられる。

特にダイヤ3以上になると「無条件プレデターマッチ」だった前シーズンまでを考えると非常に盛りやすくなった。

マスター以上(0.2→1.3%) ダイヤ(4.4→9.2%)

知り合いもプラチナから初めてダイヤに上がったなど、実に10%もの人間がダイヤ以上になってしまった。

武器バランスも直近だと一番丸い結果に落ち着いてるんじゃないだろうか。

そういう意味ではかなり戦いやすい環境に感じる。

シーズン8の感じた点

前半はキャニオン・後半はオリンパス

それとは別に全体的な傾向の感じるところを。

■キャニオン

地獄の環境、特にフルパだとオクタン・レヴナントが流行り元々漁夫思考の強いアジア圏においてはどのPTもレブオクが入っていて戦闘すると終わりの状態が続く。

ゲームとしては不快なシーンがかなり多いように感じた。

より多方面にアンテナを張れる能力がないと戦闘の押し引きが遅れてしまい、波に飲まれるシーンも多々。

■オリンパス

開けているため、レヴオク編成はグッと減った。

ただし、遠距離の無駄な撃ち合いが増えたり、隣のエリアが近すぎるためずっと漁夫に追われる。

キャニオンでも当然漁夫の戦闘が多かったが、こっちはより顕著に起きる。

位置不利がキツく、ほぼ挽回できない安置も多く、よっぽど実力差がないとだいたい負ける位置がある。

よりポジション意識が必要。

■全体的なイメージ

漁夫が多いのはランクにおいては常識というか、当然なところはあるが、東京(アジア鯖)はその差がひどい。

どういうことかというと、基本的に戦闘が起きない。

しかし、銃声がなるとそこに全チームが来てるんじゃないかという試合になる。

広い割にアクセスが容易なため1度減ると一気に「残り3チーム」みたいなことがよく起きる。

これがだいたいのオリンパス。

そのため、チームでやっている場合は一人確殺まで入れたら状況次第では退く重要性は増してる。

自分はソロでやってるのもあってずっと戦い続けるけどね。

■現状のプラチナ帯・ダイヤ帯

過去のゴールド・プラチナ帯を1段ずつ上げたような感じ。

プラチナ→ゴールドに毛が生えた程度

ダイヤ→プラチナに毛が生えた程度

圧倒的にそれまでのランク帯における撃ち合いの強さや立ち回り、移動等の早さがぬるくなった。

多少キルが取れない(エイムに自信がない)程度であれば、立ち回り重視のプレイング、強いポジションを強く使うことができれば1つ壁を乗り越えられる人も増えるのではないだろうか。

現オリンパスはその傾向が特に強いのでしっかり意識すること。

■コミュの壁

一昔前より圧倒的にハングル・中国語が増え、チャットやでのコミュニケーションが難しくなった気がする。

VCも英語圏と違い、各々の言語で一方的に話する傾向が強いので厳し目。

簡単な英語が通じればいいがだいたい読めない文字がならんでいる。

そもそもVCを使われないことの方が圧倒的で(それがApexの良さでもあったけど)ダメージ状況把握が非常に困難。

実は一番ラクなのがPS4のデュオ組、ゲーム内VCを使ってくれるので一番連携が取りやすい。

勝たせてあげたいと思える。

■おまけ

まじで戦ってくれない。

次の安置や敵の位置から先回りしたり、そういった要素が欠けていて「人に任せるといい結果にはならない」(ソロでやってるとこれがデカく、基本的に他人を信用してはいけない)。

ダブハン爪痕持っていようが信用ならないので「自分が一番うまい」と思って動くことが大事。

そうすれば自然と自分で考えて行動できるようになり、結果もよくなるはず。

S8のスタッツ

ランクオンリーのスタッツ(ダイヤ帯まで)

過去の自分と比較しても成長した部分はあるが、全体的なレベルが緩和された影響が強く出ている。

プラチナ帯で約3500ダメージが高頻度で出ることなんてなかったしね。

ただ、プラチナ1で相当沼ってKDは約0.5落ちて勝率も2%も落としてしまった。

あくまで自分のスタッツでありダイヤまで行くのにこれだけ必要とはならない。

なんなら知り合いはKD1に到達していないらしいが、自分よりもかなり早くダイヤに行っている。

練習の観点だとそれでは「ダイヤ帯行ってから上がるのがしんどくなる」と思っている。

特に参加費がキツく、倒してキルポイントをガッツリ稼げるシーンを増やさないと盛れないので「どこかで当たっていく必要がある」。

プラチナ帯と比較してダイヤ帯にもなると対面の撃ち合い・フォーカス・ポジション取りも一気にレベルが上がるので「プラチナ帯でいかに練習していけるか」というのがとても大事だと思っている。

盛るのは最後まで隠れてればいいからね。

ダイヤ帯で増やしたいってなると最低限の戦闘能力はどうしても求められてしまい、それは上記のプレイでは身に着けられない能力。

自分の場合、プラチナ帯の知り合いとやった場合でも積極的に仕掛けてそういう経験を積ませる方向で戦う。

後は単純な話、黙ってるのつまんないよね()。

戦おうぜぇ、って感じ。

S9

新キャラ日本人らしいけどマジ?

ちょっとアレなアレって他の人も感じる部分あると思うけどアレよね。

そう・・・。

もう自分の周りでは遊べそうな人がほとんど残ってない現状、終わりなのかなと。

VのApexで一時期あったブームも落ち着いてきてるイメージもあり、あたらしく人が増えることもなさそうだし。

この2ヶ月目標らしい目標もなく、直近1ヶ月に関してはプレイする度に下手になってるとさえ思える。

目的もモチベーションの維持も厳しく、イライラするためにゲームをしてる状態になってしまっているので終わる寸前。

他にやりたいものがあるわけでもなく(世間ではモンハン等)、これが一番やりたかったがやりたい内容ではないのが残念でならない。

やりたいことはたくさんあったのに何もできなかったPUBGと同じ終わり方しちゃうな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする