やっと体調回復してきた話

今年の2月以降ずっと体調が悪く、同時に首も痛めていたため筋肉や骨、神経みたいな部分だと思っていた。

けれど、首の調子も治ってきて改めて例年通り内蔵周りの影響かなという結論。

なかなかオーダーメイドまくらを調整しにいけない(例の流行りで出歩かない)。

それのせいで明らかに合ってない状態で何ヶ月も過ごしてたりしてたので最初はそれかなと。

症状が悪化していく状態で流石にそろそろいかないとなと調整。

首の状態は軽くなっていったがほかは治らず。

仰向けに眠れない、横向きでもだめ、背中にタオルおいて高くしないと体が痛くて睡眠できない。

そんな障害が半年近く続いた。

病院にも通うというか、過去に同じような症状で通ったから薬をもらうまでは楽だった。

枕も調整、薬もあり、この1年は栄養周り(食べ過ぎも)も過去10年に比べて整えている。

じゃあなんだ?といろいろ探っていると思うことが一つあった。

この1年で明確に増えたものは自宅でのコーヒーと炭酸水のバク増。

炭酸水は定期的に箱買い、コーヒーは毎日アイスをコンビニで買うくらい。

ここ最近炭酸水の在庫が切れてから注文せず、コーヒーの量を減らしてみると明らかに調子が戻ってきた。

要は胃が刺激に耐えられなくなっているんじゃないかな。

量を減らしてからやっと最近仰向けで寝られるようになった。

枕やマットレスのせいかと思っていたが(そもそも腰は悪いが)、今年も内臓が調子悪いとなると・・・刺激物やストレスか結局はといったところ。

ストレスに関しては与えてくるものに近づかなければいいが、向こうからクソを投げつけてくるものはどうしようもなく、そういったストレスのぶつけ方ばかりされていて回避不能である。

道歩いてたらいきなり車が突っ込んできたようなもので正直助けてほしい。

しかも人を轢いておいてその後放置してるんだからたちが悪い、治療費を請求したいレベルである。

とりあえず食べ物の制限くらいは余裕でできるしコーヒー等であれば楽なのでこれらを縛って1ヶ月改善するか見ていきたい。

寝るのが怖い(寝ない)って日々が一番のストレスだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする